心の模様替え

夫婦だからといって、妻が思い決めた通りに夫を自分の会に入れたり、すぐに活動してもらえると期待してはいけない。地域に馴染みのうすい夫たちである。時闘をかけて少しずつ地域とのつながりを作っていくことが成功の秘訣である。時には、夫は夫、同や」4宮夫との距離にメリハリをつけるアツアツの今、まさに恋のマッ最中、という時期でも、朝から晩まで、晩から朝まで一緒にいたら、やがてはあきてくる。だからを使ったら結婚は恋の墓場などとさえ言われる。十年、二十年、三十年。夫婦の年輸が重なれば、また違った味が出てきて、空気のような、ごはんのようなお互いになくてはならない存在や味になりたいものである。そこで提案。子供がそれぞれに独立して、夫とさし向かいの時聞が多くなつできたら、一緒にいる時間と離れている時間の濃淡をはっきりさせるようにした方がいいように思う。「空気のような関係」というのは、絶対に必要な人なのに、あるかないか考えたことがない、ということらしい。長くつき合ってマンネリ化しているのなら、お互いにフレッシュな気持ちになれるよう少し距離をおいたり、心の模様替えを心掛けてはどうだろう。いくら大切な相手でも、いつも一緒ではお互い疲れたりあきてくる。一緒にいる時間はなるべくにこにこと相手が喜びそうなことをしたり、言ったり、甘えたりする。その代わり、離れている時間も意識して作る。そのときは、夫のことを忘れて大いに自分の時間を楽しむ。外で味わった楽しい出来ごとや商白い発見を生き生きと話す妻に、夫もリフレッシするであろう。アルゼyチオさん夫妻は、失の仕事柄、毎日、非常にyから日本に来ていた外交官のフラギ忙しく暮らしていたが、夕食だけは、お互いにできるだけ一緒に食べるように心掛けていると言われた。「毎日、忙しいので、妻も私も子供たちもバラバラ。だからこそ、一日一回は、家族全員揃って、食事することにしたのです。この何気ない時間のなかで、家族の連帯感や思いやる心が育ってい〈ように思います。父親である私が努力して、食事に間に合うように帰れば、高校生と大学生の子供たちも、たかが夕食なんて軽視しないで、ちゃんと帰ってきますよ」この訴は子供を含めての話であるが、一緒に過ごせる時聞は、普段、離れている分を補っても余りある程、濃縮したコミュユケ1ショγの場にしたいものである。私の友人で、子供さんたちはそれぞれが結婚して別に暮らし、定年を迎えた夫と二人で暮らしている神山さんは、着物の着付けの先生をしていました。